ふるさと茨城

【うまかっぺ茨城】茨城が誇る高級ブランド和牛「常陸牛」

 

たくみ
皆さんこんにちは、たくみでーす。


 

今回ご紹介する茨城県の名産品は「常陸牛」です!

 

おー今回は牛肉か、ちなみに牛肉は好き?
りおぷろ


たくみ
いやもう大好きよ。逆にあれ嫌いな人って味覚どうなってるの?病院行った方がいいn・・・


全国の牛肉嫌いの皆さん、彼に代わり心からお詫び申し上げます。
りおぷろ


 

では常陸牛の知られざる秘密、徹底的に分析していきたいと思います。


 

また、お家でも常陸牛を美味しく食べてもらうために、ステーキの美味しい焼き方も紹介しちゃいますよ!

 

それではいってみよう!!

 

常陸牛の特徴とは?

 

常陸牛は他のブランド牛に比べてどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

まず認定されるには条件があり、牛さんはこれをクリアしないと常陸牛になれないんです。

 

茨城県常陸牛振興協会によると、日本食肉格付協会の歩留等級B以上、肉質等級4以上という条件らしいですね。

 

まぁ、我々素人から見るとマジで何言ってるのか分かりませんが、要するにハイレベルだってことです。

 

また、生産者が限定されているというところも特徴の一つなのではないでしょうか。

 

平成29年度では 161 名の方のみが常陸牛を生産する権利を持っています。

 

要するに、この限られた生産者の方々は常陸牛のプロフェッショナルであり、全国の牛肉とも劣らない物を作っているんですね。

 

一回でも常陸牛を食べたことある人は感謝しましょう。ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

そしてお肉自体の特徴としては、サシの入り方が全国でもトップクラスである事です。

 

サシっていうのはあれですよ、お肉に白いのがしゅっ、しゅっって入ってるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげでキメの細かい霜降りになり、全国の高級和牛に負けずとも劣らないジューシーなお肉になるんです。

 

そうしてくれるのはやはり、茨城県の広大な敷地を使ったストレスフリーな飼育方法ですね。

 

また、たくさんの種類の作物が育つほど良質な気候も関係しているらしいですよ。

 

これは他の県にはマネできないでしょう。

 

常陸牛はリーズナブルなのに美味しい

 

それでは全国の高級和牛の代表である「松坂牛」「神戸牛」「米沢牛」と比較していきたいと思います。

 

私がこいつらと色々比較しながら調べていったところ、やはりリーズナブルである部分は勝っていると思いました。

 

だからといって、上でも書いたように三大和牛より美味しくない訳ではありません。

 

つまりコスパ最強ということです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーキの美味しい焼き方

そんな常陸牛を皆さんには美味しく食べていただきたい。


しかしこのご時世お店には行きたくないという人もいるでしょう。


そんな人のために今回は美味しいステーキの焼き方をご紹介していきたいと思います!


まず筋切り穴あけはしておきましょう。


これをやらないと焼いた後お肉が縮まったり筋っぽくなってしまいます。


次に塩コショウをしておきましょう。


ここでコツとしては焼く直前に塩コショウをすることです。


今回の焼き方はミディアムで行きたいと思います。


(僕は通なのでレアが好きですがね。)


まず十分にフライパンを熱します。


そしたら、
強火で1分→弱火で1分を基準に表裏を焼いて完成です。


皆さんもぜひ、常陸牛で試してみてください。

まとめ

 

今回は常陸牛を紹介していきました。

 

いかがでしたか?食べたくなったでしょう?

 

ってかここっていつから料理ブログになったんだ?
りおぷろ


たくみ
何言ってんだよ。ちゃんと茨城の魅力を伝えてるだろ。


いや、中の人料理ど素人なのにすごい料理できます感出してんなぁって。
りおぷろ


たくみ
料理ど素人?笑わせてくれんじゃねぇか・・・・・・ど素人だよ



⇩常陸牛のA5ランクサーロインステーキが今すぐ食べたくなったら下のリンクへ今すぐGO!!⇩

 

 

 

 

 

 

こちらはこの記事を書いた中の人のSNSです!ぜひフォローお願いします!

また、質問等はこちらにDMをお送ってくれれば返信いたします!私が主に扱ってる大学生活、テニス、投資、資格のことなど茨城のこと以外であってもお答えしますよ!

Instagram→takumi1714206

-ふるさと茨城

Copyright© ぶろでみあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.