金融・ビジネス

【投資をしよう】今、学生に「金融リテラシー」が必要な理由!

 

たくみ
皆さんこんにちは、たくみでーす。

 

今回は、学生が金融の知識を付けるべき理由を皆さんにお教えしていきたいと思います。

 

「金融」ってなんか難しそうだな・・・
りおぷろ

たくみ
うん、難しいね。

うん、難しいねだと!?やーめた、付き合ってられっかよ。
りおぷろ

たくみ
まぁまぁそう言わず(笑)一応話聞いてってよ。

たくみ
今学生に金融の知識があると大きなアドバンテージがあるんだぜ。

へぇー、アドバンテージかぁ・・・。しょうがないなぁ。
りおぷろ

たくみ
ちょろいぞこいつ。

 

確かに「金融」って言葉に拒否反応示してしまう人、いますよね。

 

また、小学生だと「金融ってなぁーに??」ってなる少年少女も多いのではないでしょうか。

 

だがしかーし、小中高生がここら辺に興味を持ち始めるとものすご―――――くいいことだらけなんです。

もちろん、大学生や社会人の方々も全く遅くはないですよ!!

 

これだけ引っ張ったのでそろそろその理由について紹介していきましょう!!

 

どんなアドバンテージがあるの?

 

では学生に「金融」の知識があると大きなアドバンテージになると言いましたが、

具体的にどんなアドバンテージなのでしょうか??

 

まずは資金の運用ができるようになります。


 

資金の運用というのは要するに預けるだけでお金が増える仕組み、投資などを利用し、お金を使ってお金を稼ぐというやり方です。


 

正直言ってバイトなりで稼いだお金を金利のほとんど付かない銀行に預けておくというのは、

何も考えていない無知と言っても過言ではありません。


 

すみません言いすぎましたが、それだけもったいないということです。


 

「株とかFXとか勉強してる暇ないし・・・。」

 

なんて思ってる人もいるかもしれませんが、投資信託などやり方はたくさんあります。


参考

 

 

しかしここで注意してほしいのは、100%お金が増えるなんてことは100%あり得ません

 

適切な知識や経験が無いと難しいことではあるので、そこらへんは念頭に置いておきましょう。

 

日本は金融教育が遅れている!?

 

大学生や社会人の方々に質問です。

 

学校で金融について勉強した記憶はありますか?

 

確かに、「公民」や「政治経済」などの授業で日銀とかをちょっと勉強したかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、外部から講師が来てお金の大切さについて熱弁してくれたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、授業でやったことは大切なことですがほんとに金融をかじった程度。

 

お金が大切なのは分かったけど、それを管理する方法、効率よく運用させる方法は教えてくれないことがほとんどです。

 

【金融経済教育の実施時間(各学年で最も多かった時間数)】

中学1年生  「0時間」 74.2%
中学2年生  「0時間」 58.2%
中学3年生  「1~5時間程度」 44.6%
高校1年生  「1~5時間程度」 60.9%
高校2年生  「1~5時間程度」 49.3%
高校3年生  「1~5時間程度」 47.7%

 

これは金融経済教育の実態調査に基づくデータですが、これ実は海外の学校から見ると結構低いんですね。

 

要するに、興味があって自分から勉強しない限りお金の扱い方が分からない。

 

これってなかなか問題だと思うんです。

 

 

これからは自分ひとりで稼げる能力が必要になってくる!

 

「年功序列」とか「終身雇用」って言葉、よく聞くと思います。

 

その会社に長く勤めている人から順番に高い役職や給料が与えられる「年功序列」

 

その会社に一回勤めたらずっとそこで働く「終身雇用」 ですね?

 

これは日本の会社に見られる特徴でした。

 

しかし、最近の動向を見るとグローバル化を謳って海外の会社をモデルにすることが多いように思えます。

 

海外の会社は「実力主義」「成果主義」です。何年そこに勤めているのかなんて関係ありません。

 

そうすると、その職場が自分に合わなかったりいい結果が出せないと解雇されることだって無きにしも非ずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたら皆さんはどうしましょう。再就職先を見つけるのが一番かもしれませんね。

 

しかし、新卒ではないということは大きな足かせになるかもしれません。

 

そこで自分ひとりで稼ぐ能力なんです。

 

方法としては、手に職付けたり、資格を取ったり、私たちのようにブログを書いて収益を得てみたり・・・

参考

 

そこで皆さんに紹介したいのが、投資という選択肢なんです。

 

さぁ投資をするぞって意気込んだってすぐにたくさん儲けられるわけありません。ある程度の金融の知識が必要です。

 

そうか!学生のうちに勉強しとくと将来スムーズに投資が始められるってわけだ!
りおぷろ


たくみ
そういうことよ。投資をすれば会社の給料が全てじゃないからメンタル的にも安心だよね。


たくみ
でも絶対に儲けられるわけじゃないから注意が必要だよ。


なるほどー。金融の知識が必要な理由、なんとなくわかってきたぞ。
りおぷろ


 

「金融リテラシー」って何?

 

こういう話をするとよく耳にするのが「金融リテラシー」という言葉ですよね。

 

でもこれってどうゆう意味なんでしょう。

 

これは今まで私が書いてきたこととほとんど同じです。

 

お金を上手に管理したり、使ったりするにはどうすればいいのか。

 

そのために必要になる知識や判断力が「金融リテラシー」ということなんです。

 

加入する保険は何にすればいいのか、お金はどこに預ければいいのか、どんな金融商品に投資しようか・・・

 

これらすべて、「金融リテラシー」が必要になってきます。

 

これを見ている小中高生、大学生、会社員は是非「金融リテラシー」を身に付けましょう!!

 

まとめ

たくみ
どう?金融の勉強する気になった?

いやぁ、金融って勉強して何になるんだよとか思ってたけど重要性に気づけた気がする!
りおぷろ

この重要性にもっと早く気づけたらなぁ・・・
りおぷろ

たくみ
そんなことを言ってもしょうがない!はじめでも言ったけど大学生だって時間はあるから勉強すべきだよ!

そうだね!よぉーし、とりあえず競馬とパチンコ言ってから勉強だー!
りおぷろ

たくみ
先が思いやられるんだが・・・。

-金融・ビジネス

Copyright© ぶろでみあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.