金融・ビジネス

【株式投資キホンの「キ」】割安株と成長株の違いと探し方

 

たくみ
皆さんこんにちは、たくみでーす。

 

今回は株式投資をするうえで知っておきたい、

 

「割安株」「成長株」の違いについて紹介していきたいと思います!

 

参考

 

 

なんだ?どっちも聞いたことないぞ?
りおぷろ

たくみ
おーじゃあこの機会に知っておこう!

しゃーねーなー付き合ってやるか。
りおぷろ


もしかしたら聞いたことあるって人もいるかもしれませんよね?

 

長期的に見て株価が上昇する理由は大きく分けて2つあります。

 

それが今回の「割安株」と「成長株」なんですね。

 

要するにこの2つの特徴を抑えておけば、将来株価上昇が期待される銘柄を選ぶことができるかもしれません。

 

それでは詳しく見ていきましょう!

 

こんな方に読んでほしい!

・株価が上昇しそうな銘柄選びが分からない

・「割安株」、「成長株」って何?

・中・長期的目線で株式投資をしている or したい

 

割安株(バリュー株)とは?

 

ではまず割安株について説明していきます。

 

割安株というのは簡単に言うと、

 

会社の業績が良いのに投資家から期待されていない、人気のない銘柄

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株価が上昇する仕組みとしては、投資家が「この会社いいかもしれない!」っていうふうに、


注目を浴びだすとどんどん株価は上昇していきます

 

しかしここで注意しておきたいのが、

 

投資家が、まだ注目していないのかもう注目していないのかで今後上昇していく可能性が大きく変わっていくということです。

 

まだ注目していない銘柄の場合、今後株価が上昇する確率は高いでしょう。

 

しかしもう注目していない銘柄の場合、

今後その分野は成長しないだろうなど何かマイナスな理由で注目されていないため、株価上昇は期待しにくいです。

 

この「まだ」か「もう」かは自分で調べなければなりません。

 

また株を買った直後に投資家が注目しだせばよいですが、そうはいかないことがほどんどです。

 

なので、ずっと株価が一定でもいつかいつかと待っている我慢強さが必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その分、大器晩成となる可能性は大いにあるでしょう。

 

割安株まとめ

・割安株は業績がいいけどみんなから注目されていない銘柄。

・注目されれば株価は大きく上昇する。(まさにお宝さがし)

 

割安株の見つけ方・探し方はどうする?

 

ではこのような割安株はどのようにして見つけるのが良いのでしょうか。

 

そこで登場するのが「PER」「PBR」と言われるものです。

 

皆さんも聞いたことある人がいるのではないでしょうか。

 

具体的な計算方法は、

・PER= 株価 / 1株当たり純利益

・PBR= 株価 / 1株当たり純資産 

 

PERの場合、15倍以上なら割高10倍以下なら割安というふうに言われています。

 

またPBRは、1倍以上で割高1倍以下で割安です。

(PBR=1倍の時会社が倒産したら投資額がそのまま戻ってくると考える)

 

これは会社四季報には載っていませんが、「Yahoo!ファイナンス」などには載ってるので見てみてください。

 

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンス

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

 

ここで、実はPERやPBRが「割安だ!」と言ってその銘柄に飛びつくのは大変危険です。

 

PER、PBRだけでは会社の業績までは分からないので、

他の財務指標等も使って、好業績かつ割安なものを選んでください。


 

悪い業績で割安なのは当たり前なので、そんな銘柄は選ばないよう気を付けましょう。

 

成長株(グロース株)ってなーに?

 

では次に成長株について説明していこうと思います。

 

成長株とは、

 

投資家の期待が大きく、業績の割に株価が高い銘柄

 

のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに割安株の逆バージョンと考えてくれればよいですね。

 

株価は常に将来を織り込みます。

その会社が将来有望であれば投資家はその銘柄を買うため株価は上昇します。

 

そこから予想通り業績を順調に上げることができればさらに株価は上昇するので、そこを狙う形ですね。

 

ここでも注意したいのが、投資家の期待とは裏腹に業績が伸びなかった時です。

 

その場合株価は決算が出るや否や急落するため、そのような銘柄は選ばないようにすることが大切です。

 

またそのような銘柄をつかんでしまった場合は早めに損切りしましょう。

 

成長株まとめ

・投資家の期待が会社の業績に対して先行している銘柄

・期待通り業績を伸ばすとさらに株価が上昇する



参考

 

成長株の探し方・見つけ方は?

では成長株を選ぶのはどのようにすればよいでしょうか。


まず成長するような理由投資家が何に期待しているのかは知る必要があるので、そこは自分で調べてみましょう。

会社のホームぺージや掲示板のコメントなどを見てみるとなんとなく分かってくるはずです。

次に財務情報に関することですが、成長していくにはそれだけの余力成長力が無いと実現は不可能であり、


そこを財務情報を使って見ていきます。

具体的には、ROE自己資本比率などを見ていくのですが、詳しくは下の記事に載っているので参考にしてみてくださいね。

参考

四季報の読み方って形で記事を書いてますが、これがそのまま成長株の選び方になってます。

割安株と成長株どっちの方が儲けられる?

じゃあさ、結局どっちの方が良いとかあるの?
りおぷろ
たくみ
お前にしちゃあいい質問だな。

確かに、これまで散々割安株と成長株について説明してきましたが、

結局どっちの銘柄を選ぶのが良いのでしょうか。

極論を言うと、割安株であり成長株であるものが良いです。


どういう銘柄かというと、増益増収が続いていて成長する余力があり、かつ PER が低い(割安)ものです。

こんな銘柄もなくはないので探してみてください。


ここからは完全に私の主観になってしまいますが、ぜひ参考にしてみてください。

ではどっちか選べと言われたら、私なら割安株の方を選びますね。

理由としては、ほとんどの銘柄が 割安株→成長株 の流れになるからです。


割安で投資家の注目が集まりだすと株価が上昇しだし、


その後成長性や余力などの面から成長株としてより株価が上昇していくことが多いんですね。

この流れから見ると割安株の時に買っておけば株価が上昇したとき値幅は大きいし、


投資家の期待通りの業績が出なかったとしても、割安株としての上昇分は利益になります。

しかし、上でも書いたように割安株の場合いつ投資家たちが注目しだすか分からないため、


根気よく待つ必要があります。

まとめ

 

お疲れさまでした!

 

今回は割安株と成長株と言う観点から銘柄の選び方を紹介していきましたね。


 

株式投資をする上ではとても基本となる考え方なので、よーーーーく頭の中を整理しておいてください!

 

⇩今回の内容をより詳しく知りたい!と思っている方はこちらの本をぜひ買ってみてください⇩

 

 

画像をクリックorタップでアマゾンの購入場面に行くことができます!

 

たくみ
それではまた!

 

 

 

 

 

 

こちらはこの記事を書いた中の人のSNSです!ぜひフォローお願いします!

また、質問等はこちらにDMをお送ってくれれば返信いたします!私が主に扱ってる大学生活、テニス、茨城、資格のことなど投資のこと以外であってもお答えしますよ!

Instagram→takumi1714206

-金融・ビジネス

Copyright© ぶろでみあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.